投資初心者〜資産運用について〜

2018年9月18日日常債券, 外貨預金, 定期預金, 資産運用

どうも、UTです。
何か貯金しているお金を有効活用して、お金を増やす良い方法がないかなぁ〜思い、と調べてみました。

はじめに

多くの人は、会社の給料を銀行へ預けてお金を有効活用していないと思います。
そこで少しでも貯金しているお金を有効活用して、増やす方法を簡単にいくつか紹介します。

お金の価値

お金の価値は日々変動します。
例えば、ドルを基準にして、今日の日本円は、円安だったり、円高だったり。
貯金してお金を預けている間にも、お金の価値は変動しているのです。

銀行へ預けたお金

まずは、よく利用している銀行ですが、銀行が私たちが預けたお金を使って運営していることを知っていますか?
例えば、私たちが預けたお金を企業へ貸付たりなどを行なっています。
そのため、銀行は利益を私たちに金利として付与しています。
ですが、このご時世は、不景気で少額の金利となっています。

定期預金

まずは、皆さんもご存知の定期預金。
一定期間払い戻しを行わないのを条件にして、普通預金より高い金利を得られる預金商品。

メリット

リクスが少なくお金を増やすことができる。

デメリット

満期日までお金が手元に戻らない。
普通預金よりは、金利は高いが、0.01%とか金利が低い。

補足

デメリットで、金利が低いと言いましたが、
銀行によっては、定期預金の金利が高くなるキャンペーンなどが開催されることがあります。
例えば、
じぶん銀行では、「デビュー応援プログラム」として「3ヶ月もの円定期預金 0.5%」などキャンペーンがあります。
※2018年7月31日までが対象期間

他にも、
景品付き定期預金というものもあります。
例えば、
じぶん銀行では、「JRA馬券付き」や「BIG付き」の定期預金があります。

外貨預金

外貨預金は、一言で言えば日本以外の海外の通過で預金を行うこと。

メリット

一般的に海外の方が日本より金利が高い傾向にあります。そのため、貰える利息が良い。

デメリット

預金時と払い戻しの時に、為替レートに影響する。
例えば
1ドルが100円の時に預け入れたとすると
円高(1ドルが90円)の時だと、10円の評価損となる。
円安(1ドルが110円)の時だと、10円の評価益となる。

債券

株主優待

日常債券, 外貨預金, 定期預金, 資産運用

Posted by UT