パパが出産前と出産後にやったこと!

2019年9月17日日常子育て

どうも、UT(@ut_1029)です。無事9月に第一子を出産することが出来ました。帝王切開出産することが急遽決まり、バタバタしました(汗)第一子が無事誕生し良かったです。

パパが出産前と出産後にやったこと!
パパが出産前と出産後にやったこと!

今回はそんなパパ視点の出産前と出産後のブログになります。

出産前〜出産後でパパがやったこと

出産前のパパ

出産前のパパ
出産前のパパ

一番大事なのは、ママの体を気遣うこと!元気な子を産むためにもママを第一に考えてあげることが大事です。なので、家事などは率先して自分からやってあげると良いみたいです。

自分は、掃除を休日にやったり、洗濯できるときはやるようにしていました。本当だと毎日のご飯もやってあげれば良かったなぁと思いますが、休日だけご飯作ったりしていました。今だとご飯は宅配サービスも豊富なのでそちらを使うのもありと思います。

そしてパパが在宅出来ない時に陣痛が始まった時に、病院へ連れて行ってくれる陣痛タクシーというサービスもあります。住まいの地域で対象になっている陣痛タクシーを探しておきましょう。

ちなみにこの時にママの逆鱗に触れると、今後喧嘩する度に話を持ち出されてしまうみたいです(汗)気をつけましょう。。。

あとは、出産後の手続き関係について自分で調べておくか、ママに相談しておくのも大事だと思います。(出産後に手続き関係をパパが進めておくと安心ですし)

出産前にパパがやったこと

ママの体を第一に考える

  • ママの代わりに家事を行う。
  • 出産後の手続きなどについて聞く。または調べておく。
  • 体調と子供の様子を軽く会話する。
  • 休みの日には、病院に一緒に付いて行く。

出産後のパパ

出産後のパパ
出産後のパパ

出産後は、ママの体はすごく疲れていたりして免疫も低下しているみたいです。なので、出産後もママの体を気遣って出産前と同じように家事などはフォローしてあげることが大事です。また、育児についてもお風呂に入れたりオムツ替えを率先して手伝いましょう。

出産後の1週間はママと赤ちゃんは病院に入院しています。なので、その間に"抱っこ"や"オムツ替え"、"入浴"などについて看護師の方から教えてもらいましょう。教えて欲しい事をママや看護師の方に相談すると教えてもらえるはずです。

あとは、区役所へ行き手続きを進めておきましょう。"出生届"や"児童手当の申請"などパパがやっておきましょう。必要な物(印鑑や母子手帳、マイナンバーカードなど本人確認書類など)があります。

ママが市区町村が開催する出産に関する催しに参加しているとおそらく手続き関係に必要な書類の原本などをクリアケースにまとめてもらっていると思います。ママにも確認して見ましょう。

そして会社勤めの会社員の場合は、子供を健康保険に入れたり扶養に入れたりする手続きを人事担当の人へ相談しておきましょう!健康保険書が届くまでに時間がかかるので早めに進めておくと安心です。

出産後にパパがやったこと

出産後もママの体が第一に考える

出産後もママの体を第一に考える

  • 育児についてしっかりと勉強して積極的に育児をする。
  • 出産に関する手続きをパパがする。

さいごに

今回は、出産直後に関するパパについて記事にしました。出産前や出産後は、妊娠・入院・出産・育児と新しいことが立て続けにやってきます。色々と不安なことやわからないことなどたくさんあり夫婦共に大変な時期だと感じました(汗)。

ママが安心して出産に集中できるように、ママだけに任せるのではなくパパも率先してサポートしてあげましょう。

UTの日常 is 子育て日記

最後にUT自身の出産直後について日記を書こうと思います。

出産は、出産予定日より早い時期に出産しました。というのも、母体の子宮が縮まり赤ちゃんが苦しくなってしまう状況が定期的に続き長い時間続いてしまったためです。そして急遽帝王切開を行うことが決定しました。

ただ、定期検診のために病院へ訪れていて、すでに入院している状況でした。そういったこともあり帝王切開で急遽出産することなどがスムーズに安心して進むことが出来ました。

病院へ到着した時にママは、呼吸マスクをつけた状態でベッドに横たわっていました。そしてすぐに手術室へ向かうことに。(頑張れっとだけ声をかけることが出来ました)

待合室へ案内されて、個室で大丈夫かなぁっと心配で落ち着かない状況でした(汗)帝王切開については、前日にお医者さんから説明され署名もしていましたが、やっぱり心配。。。

子供も出産予定日より早かったので未熟児だったらどうしようっとか心配でした(スマホで色々調べていました)

そんなこんなで1時間くらいすると赤ちゃんと看護師さんが待合室へ来られました。「元気な赤ちゃんが生まれましたよ」って看護師さんに言われたときは、安心と喜びでいっぱいでした。「ママは傷口を閉じているので、あと30分くらいで手術も終わります」とのこと。ママも大丈夫そうだと分かって安心。

安心して待つこと30分。ママも到着し、無事出産も終わりました。ママも疲れ&安心の表情って感じでした。(お疲れ&ありがとう)

出産が深夜だったことあり、自分も帰宅しました。そして明け方にもう一度病院へ行き赤ちゃんとママの様子を伺いました。自分の両親も駆けつけてくれて出産を喜んでくれました。

そして出産の翌日は、会社へ出勤し出産を報告。その翌日には手続き関係を進めていきました。

実は、出産後にわかったことなのですが、足の骨が骨折間近まで疲労していたみたいです(><)。出産前に足が痛いと言っていました。

これは赤ちゃんがママのお腹にいる時に栄養をママからもらっているます。それによりママの骨のカルシウムが少なくなってしまったことが原因で足の骨が骨折間近まで弱っていしまったみたいです。

入院から1週間で自宅に戻るのですが、足が完治するまで1ヶ月かかるので子育てをどうするのか、パパがサポートするのか話し合いが必要です。

っと、色々と出産直後は、帝王切開が急遽決定したりとバタバタしましたが、短い期間でスムーズに進んだので良かったのかなぁっと思います。あとは赤ちゃんとママと一緒に3人で早く生活したい今日この頃です。

UTについて
UTの日常

当ブログの管理者UT(プロフィール)です。
無理せず投稿をモットーに頑張っています。なので、更新頻度は低いです。

UTの日常では、子育てに関するオススメ情報や2019年に男の子を授かった子育てパパ育児日記を紹介しています。是非ご覧ください。
子育てパパの奮闘記と子育ておススメ情報の紹介

フォローしてね!

2019年9月17日日常子育て