Linux初心者~Gitコマンド~

2017年11月14日システムGit, Linux

はじめに

仕事や個人サイトでGitを使うことが増えてきたので
良く調べることなどを備忘録をまとめたのでブログにのせることにしましたー
もし、誤った内容があればご指摘をお願いしますm(_ _)m

Linux初心者~Gitコマンド~
Linux初心者~Gitコマンド~

Gitコマンド

設定

git config

  • 確認
$ git config --global --list
  • ユーザを設定
$ git config --global user.name "Tarou Yamada"
  • ユーザのメールアドレスを設定
$ git config --global user.email "tatou-yamada@xxx.xx"
  • 日本語の文字化け回避
$ git config --global core.quotepath false
  • Proxyの設定
$ git config --global http.proxy http://192.168.0.0:0000

基本操作

git pull

$ git pull origin ブランチ名

git add

インデックスへ登録
ファイル名は半角スペースで複数指定可能

$ git add ファイル名 ファイル名

git commit

$ git commit -m 'コミットコメント'

git push

$ git push origin ブランチ名

git merge

$ git merge --no-ff ブランチ名

git clone

$ git clone -b ブランチ名git@gitxxx.xx.xx:ユーザ名/リポジトリ名

リポジトリ作成

git init

コマンド内容
–bare最小限のリポジトリを作成する。もしGIT_DIR環境が設定されていなければ、現在のワーキング・ディレクトリが設定される。
–sharedGitリポジトリが複数のユーザで共有されることを指定する。このオプションは、同じグループに属するユーザがそのリポジトリにpushすることを許可する。
$ git init --bare --shared

ブランチ操作

git branch

  • ブランチ確認
$ git branch
  • ブランチ切り替え
$ git checkout ブランチ名
  • ブランチ作成
$ git branch ブランチ名

ブランチ削除

$ git branch -d ブランチ名

変更確認

git status

  • 変更状況の確認
$ git status

git diff

  • 差分確認
    index に add していないモノを表示
$ git diff
  • 次の commit で反映される変更を表示
$ git diff --cached
  • 直前の commit による変更を表示
$ git diff HEAD^ HEAD
  • HEAD と HEAD^ の差分を表示
$ git diff HEAD^ HEAD --stat

git log

  • ログ表示
$ git log

トラブル

変更を取消

  • ローカルの変更を取り消す(ファイルを指定)
$ git checkout ファイル名
  • ローカルの変更を取り消す(全ファイル)
$ git checkout .
  • インデックスへの登録を取りやめしたい
    「git add」などで次のコミットに含めたくないファイルをインデックスに登録してしまった
$ git reset ファイル名
  • 最後のコミットの状態に戻したい
    ファイルをインデックスから削除し、かつ作業内容も消してしまいたい場合。
$ git reset --hard
  • 直前のコミットを取り消したい
    作業内容とインデックスはそのままに直前のコミットだけを削除する
$ git reset --soft HEAD~
  • 直前のコミットを削除したい
$ git reset --hard HEAD~

用語

ToDo

環境構築手順

ToDo

UTについて
UTの日常

当ブログの管理者UT(プロフィール)です。
無理せず投稿をモットーに頑張っています。なので、更新頻度は低いです。

フォローしてね!

2017年11月14日システムGit, Linux